九星氣学とは・・

氣学とは、その字義の通り「大氣の学問」であり循環思想です。
地上にあまねく流動する大氣の現象である「自然界の運行」(摂理)を 活用するものです。
人間と氣(環境)との関係を研究するもので、現代的な言い方をすれば「環境学」といえます。
九星氣学は幅が広く、個人の人生の栄枯盛衰を観ていくのは勿論ですが、
企業の運勢や、時代の流れ・社会状況・天象などを観る事も出来ます。
『その年回りには、その様な状況になる』 という見方です。
天地自然の法則・自然の摂理ですので、運勢判断としては受動的と観ます。

それぞれの読み方は、以下になります。
一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、
三碧木星(さんぺきもくせい)、 四緑木星(しろくもくせい)、
五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)
七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、
九紫火星(きゅうしかせい)

また、一口に氣学と言いましても、ジャンルが沢山ありまして・・・
・方位学・・・土地の購入や転居、入院・就職・入学・人間関係など
・氣学同会法・・・年々歳々の九氣星の影響など
・氣学天縁法・・・長所・短所、深層自我、本音の解明など
・氣学推命法・・・能力・才能・天賦の資質の発見と活用法など
・氣学流年法・・・人生の栄枯盛衰と行動時期など
・氣学傾斜観法・・・宿命運・家系因縁・性格気質の解明など

これらの学びから体系立てて
「立運心理学」+「立運行動学」=「立運推命学」となっています。
論理的思考と実践的行動とで、しっかりと自分の運勢を立ち上げていきましょう。

★凶神は、 暗険殺(あんけんさつ)  五黄殺(ごおうさつ)
歳破(さいは)、月破(げっぱ)、日破(にっぱ)

★五行(ごぎょう)とは地球を含めた宇宙の万物は「木」「火」「土」「金」「水」(もっかどごんすい)の5つの要素、
五行から成り立っているという思想です。
これら5つの要素は、互いに影響しあっていると考えられており、盛衰関係によって宇宙が循環し、
発展していく過程で、人間もその影響を受けているという自然哲学の思想です。

★陰陽(いんよう)とは、地球を含めた宇宙の万物は、「陰」と「陽」に分けることができ、
これらは互いに相反する性質をもち、それぞれが影響を及ぼし合っているという思想です。
例えば「天」と「地」、「太陽」と「月」、「暑い」と「寒い」、「明」と「暗」、「男」と「女」の様に一対で存在し、
相互に影響し合っている関係です。