菜奈実の本が出版となりました

2020年11月22日23日に開催の癒しフェアのタイミングで、出版となりました。
無料講演と有料ワークショップは出版記念講演となりました。

12月3日から、アマゾンなどでも出版されてます、その他でも、どうぞ宜しくお願い致します。

紀伊國屋><honto><楽天ブックス><HMV><TSUTAYA><7ネット><ヨドバシ><LOHACO

トリニティWEBでもインタビュー記事をアップして頂いてます、是非見て下さいね。

3連続でインタビューされましたので、他2つも宜しければご覧下さい、
立運推命学☆研究所についての記事ゆほびかGOLD12月号で10ページの特集記事

今後の本格鑑定の際など、本を持参の方は10%オフとさせて頂きます。

内容は、以下の感じ、一家に1冊オススメですよ。
この本があれば、菜奈実のようにプチ鑑定が出来る様に成ります。

第1章 運命学と九星氣学を理解する
この章では、私の視点からの九星氣学の読み解きについて説明しています。
実際に自分で鑑定して、誕生日から3つの柱を導き出す方法などを説明しています。

第2章 自分の性格と運命の鍵を知る
この章では、一白水星~九紫火星までの各九気星から見た特徴などの説明、鑑定結果を観ていきます
一般に知られている本命星だけの判断では無く、3つの柱を読み解き、深掘りの視点についてを書いています

第3章 2020年と2021年の運勢を把握する
節変わり迄の年末年始の3ヶ月程を、どの様に過ごすかで来年の動きが変わります。
その視点から、各九気星の今年と来年の運勢の流れを説明しています
また、天地自然の法則は社会状況も観ることが出来ます、今年の出来事は年盤に現れていました。
そんな視点から、来年の運勢にも触れています

第4章 因果律から人生を考える
この章では、因果応報という視点から、行動を変えて未来を変えていくポイントのお話など
少し自己紹介と、見えない世界の話し、お参り作法や礼儀と節度、などなど
日頃から活用出来る開運のポイントを色々と書いています